スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンソニーパーカー

アンソニーパーカー1590


アンソニーパーカー・セージ  撮影日:2007年11月10日

■MY NOTE■

学名 : Salvia 'Anthony Parker'
分類 : シソ科サルビア属
耐寒性:半耐寒性 多年草
草丈 : 100cm~150cm
横張 : 150cm~200cm
花期 : 10月下旬~(富山の場合)
特長 : メキシカンブッシュセージとパイナップルセージを掛け合わせた丈夫な品種。
     花は濃い紫の超大型のセージです。


■ My Story ■

昨年の秋に3.5号くらいのポット苗で購入。そのままの状態で冬を越挿せるのはちょっと心もとなかったので簡単に防寒を施しました。春になって約60cm×120花壇におろし、その手前にサルビア・ホットリップスを3株配置。
アンソニーパーカーはめきめき丈・幅ともにどんどん成長し、足元近くに植えていたサルビアホットリップスが夏ごろにはすっかり隠れるどころか、1株はアンソニーパーカーに押しつぶされて?光も水も不足し消滅。まさかあんなに小さな株が、この花壇いっぱい、いえいえ、それ以上に広がるとは想像もしませんでした。小さな花壇には不向、どこまでも自由に・・・といえる場所に植えてあげるのがいいでしょう。

しかし、いつ花が咲くのか?
9月中・下旬あたりから花穂が伸び、10月に入ってちょっと色がついてきたかな~、と期待しつづるものの、一向に花が咲く気配ナシ。10月20日あたりにようやく少し開花が始まった、という感じでした。
ところが強風が吹いた日、太く分岐していた根元の幹が1個所、あまりにも大きくなりすぎて重かったのでしょう。風に右往左往し裂けてしまいました。よって、この画像に写っているのは元もとの2/3。幹が裂けて枯れてしまわなければ、もっともっと大株になっていたということです。
アンソニーパーカー・花アップ

この花の魅力は色の深さ。
花穂の大きさ。
病害虫に強く、植えてから花が咲くまで特に困った、という事態はありません。
おまけに11月になってから本領発揮!
今もこんなに見事な花を咲かせ続けるなんて、驚きです。

まだ育てて1年目しか経験しておらず、この先のことはまた別の機会に。
それにしても、このBIGサイズには喜びつつも、参りました^^;
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

しゅう

  • Author:しゅう
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。