スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネモフィラ

ネモフィラ

ネモフィラ・ペニーブラック (撮影:2010年4月26日)

■MY NOTE■

学名:Nemophila maculata
和名:ルリカラクサ (瑠璃唐草)
科名:ハゼリソウ科
種類:秋まき一年草
性状:花茎は柔らかく直立して高さ10cm前後。葉は羽状深裂。
   株は横に広がりますが、そこから根を出すことはありません。
花期:4月下旬(我家の場合)
特長:秋にタネをまくと翌年の春に花を咲かせる秋まき一年草。
   移植にとても弱いので直まきが好ましいそうですが、
ポット苗の土をいじらないように注意して植えれば
春に定植することも可能です


ネモフィラ2月下旬の様子↓
ネモフィラ2月下旬の様子

【My Story】
ワタシの場合、タネを入手できなかったので、HCで
売れ残っていたヨレヨレのポット苗を1つ、植えたのが最初です。

ヨレヨレの株でも、数輪の花が咲いてくれました。
そしてその数輪がちゃんとタネを付けてくれていたようで、
手入れがままならない庭が効を奏して、タネをこぼし
翌年から何の手入れも心配をせずとも、
↑のようなネモフィラのカーペットを展開してくれちます。


【ウチの場合の育て方MEMO】
我家では咲いたまま放置させて種を落とさせてますから
秋撒きしているわけではありません。
移植についても、こぼれタネから発芽した丈夫そうな芽を
12月に移植して根づかせてます。
株が小さいうちに、そーーっと移植すれば大丈夫でした。
もちろん、こぼれタネで発芽した株がめちゃめちゃあるから
失敗してもいいわ、っていう気持ちでなせる技ですが。^^;
よい子のみなさまは、無茶されませんように♪
 
  

ともあれ、野の花の雰囲気で、可憐な印象満載♪
我家の渋庭でさえ、ここだけメルヘンガーデン!!って感じです。*^^*






スポンサーサイト

セントーレア・ギムノカルパ (ピンクダスティミラー)

セントーレア1

セントーレア・ギムノカルパ  (撮影:2010年6月)

■MY NOTE■

学名:Centaurea
和名:
科名:キク科
別名:宿根ヤグルマギク、ピンクダスティミラー
種類:多年草
性状:小低木(木質化)
花期:花(5~8月) 葉(周年:背丈50~100cm  横幅35~100cm)
特長:あざみに似た花が咲き、葉はとっても美しいシルバーリーフです。

セントーレアUP

■My Story■
初めてのハンギングバスケット作りのときに、
まったく性状も性質も知らないまま、
シルバーリーフというだけで選んだ1ポット。
しかも安価(180円程度だったと思います)だったし。^^

でもハンギングには使ってもらえず(笑)、適当に地植えしたところ、
これが効を奏し、すくすく、すくすく。

一見、シロタエギクににてますが、似て非なるもの。
シロタエギクのよりもムレにかなり強いと感じました。
(ウチの庭の場合です)
シロタエギクに代わる使い勝手のある植物だわ~~と
その後、購入した園芸屋さんへ求めにいきましたが
時期のせいか、人気がでたのか?・・・手に入れることできず。

なにぶん、育て方も十分わからないので
切ってしまっていいのか、だめなのか。
冬には植木なみの雪囲いまで施しました。

かなり大株になって自慢の1品!!と自慢げに呼んだ2010。
側に植えてあったワイヤープランツに絡まれたことと、
強烈な猛暑のせいで、夏が終ってからとうとうダウンしてしまいました。

夏に負けるもんかっ!って、頑張りすぎたんだと思います。
ワタシも、がんばれ、がんばれ、って水をあげすぎたのかもしれません。
2008年の初夏に植えたと思うから・・・・
2年半、愉しませてくれたことになります。

花はUPで見るとかなりゴージャスですが
なによりも葉の美しさに目がひきつけられます↓。


セントーレア葉UP


セントーレア株全

しかも。。。たった2年半でこんなに大きくなってくれたのね。
苗を見つけたら、また植えちゃうからね~~~!

プロフィール

しゅう

  • Author:しゅう
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。