スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒメイワダレソウ (リッピア)

ヒメイワダレソウ (リッピア)

ヒメイワダレソウ (リッピア)  撮影日:2008年6月7日

■Note■
別名 リッピア・カネスケンス
学名 Phyla canescens(=Lippia canescens)
科名 クマツヅラ科 フィラ属
種類 常緑匍匐性低木 (えっ?低木?)
草丈 5~15㎝程度
花期 6月~9月
花色 我家は白色 (ピンクもあるそうです)
繁殖 株分けでも挿し木でも容易に行うことができる。

特長
①6月上旬から9月にかけて白い小花を無数につけ、種子は結実しません。草丈は低く、通常は5cm程度です。
②高温性の植物であるが根雪日数120日間でも問題なく越冬。→富山でも何も問題もなく越冬します。
③消雪直後は、葉はすべて枯死脱落し、ほふく茎も茶褐色に枯れた状態となるが、気温上昇とともに新葉が発生します。
④繁茂すると地表面は緑一色に多い尽くされ、白い可憐な花が一面に咲くので景観的にも優れています。
⑤日陰には適さず、ほふく性が劣り立性の草姿となり、徒長して花の付が悪くなります。
⑥多肥栽培は適さないそうです。


■My Story■
庭友さんからグランドカバーを数種類いただいた中の1つ。
小花が可愛いし、オススメ!って言われて喜んでました。
しかし、我が庭での繁殖力の旺盛さといったら、たたものではありません。
隣の敷地にいかないように、あぜ波を立ててあったにも関わらず、そのあぜ波(地表から15cmほど)を越えて隣へ侵入・・・。
しかも既存植物の間へもおかまいなしにどんどん侵入。
これはいけない!と思った時には、かなり手遅れで、取り除くことの大変さといったら半端じゃなかったです。
分けてくださった庭友さんは簡単に抜けるとおっしゃったのですが。。。

土質によって根の張りが違うようです。
我家の場合は田土のところへ下ろしたばかりに、土をがっつりつかまえて、しかも地中を掘り返すこと15cmくらいでも除去はかなりくろうしました。
今は↓画像のように、エリアをきっちり決めて、この範囲での繁殖を可としています^^。

リッピアのエリア

わかりにくいほど、既に繁殖していますが、レンガできっちり囲んで、これを超えるとはさみでチョッキンしています。
ステップの四角を鮮明に出したい時も四角なるようにくカット。
踏んでも平気。
踏んづけた方が背丈ものびずにいいかもしれません。

ただ、コノエリア以外にも性質を把握するまえに植えた場所があって・・・・すでにいろんなグランドカバーと混在して、除去は不可能となっています。
はさみでカットした植物は、その辺りにこぼしておくと・・・根っこ出ます^^。危険です(笑)
スポンサーサイト
プロフィール

しゅう

  • Author:しゅう
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。