スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤツデ

ヤツデ


ヤツデ  撮影日:2008年5月11日

■Note■
ヤツデは、日本特産の低木植物です。
ヤツデは、日当たりが強いと葉緑体が分解して光合成がうまくゆかないらしく、日当たりの悪い北側やなどに植えたものが、葉の色つやがよいようです。

葉は大きくて光沢があり、天狗の羽団扇のように(掌状といいます)切れ込んでいます。
八手だから切れ込みは八つと思いがちですが、7~9裂しています。
葉には長い葉柄があり四方にひろがっていますが、よくみると下にある葉の葉柄ほど長く伸びています。これは暗い林の中で、低木が上に伸びないで出来るだけ陽光を受けられるよう、葉を重ならせずに横に広がる戦略に進化したものでしょう。
この末広がりの形に縁起を担いで庭木に好まれたと思われます。
地方によってはヤツデに邪悪の侵入を防ぐ呪力があるとして葉を入り口に吊したり、祝い事に神様に供える風習があり ます。

これらのことから、ヤツデは「魔物を追い払う」「人を招く」とされてて、とても縁起のいい樹木といわれています。
それはヤツデの別の名を「天狗の羽団扇」とも云い、天狗が持ってるでっかい団扇・・・このでっかい葉っぱで魔物を追い払うことが出来ると云います。だから、縁起のいい木として重宝がられるのです。

もうひとつは、日本で古来より「八」は末広がりで縁起の良い数字とされます。
冬も落葉せずに大きな葉が茂っているので、目隠し用の庭木として利用される他、大きな手のような葉が人を招くという「千客万来」の縁起を担いでいるようです。


■My Story■
実家にあるヤツデの子株をもらってきました。
地植えにするも、愛情不足により成長が芳しくなく、鉢に上げるも・・・今度は鉢をおいた場所までホースが伸びず、かわいそうに過酷な環境下で育てられてきました。

が、今春から待遇改善!!
車庫下で養生させている最中です。
と、言いながら今日は存分に日光浴♪
ホントはあまり日にあてないほうがいいのですけどね。

この葉っぱのツヤと緑の面・・・
美しいな~~~~~~

今年の私の注目樹なのデス♪




スポンサーサイト

オダマキ・ブラックバロー

オダマキ・ブラックバロー


オダマキ・ブラックバロー  撮影日:2008年5月8日

■My Story■
一昨年、庭友ゆりかごさんに苗を頂きました。
去年もひ弱ながら花を2つほどつけましたが
今年は、ほら♪
こんなにいっぱい~~~~!!

黒い八重が大人びていますぅ。

他のオダマキは毀れ種で増えた苗がわさわさで
西の庭の一角はオダマキの花であふれているというのに・・・・

このブラックバロー・・・この辺りに種を散らせて、
来年は増えているといいな♪

■My Note■
バローシリーズは、オダマキ特有の花の後ろに伸びる距(キョ)がない、
西洋オダマキの八重咲き種です。

キンポウゲ科 
花期;初夏  (我家は5月上旬から開花ということで)
草丈80cm (今年の草丈は40~45cmくらいです)
耐寒性;強  (富山の戸外で越冬しますから、「強」に間違いないでしょう^^)
耐暑性;中  (富山の蒸し暑い夏も乗り越えてます!)
やや半日陰 (我家では日中ず~っと日の当たる真南に植え込んでマス・・過酷ですな)
花径3cm、黒に近い濃い青褐色の八重咲き

プロフィール

しゅう

  • Author:しゅう
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。