スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河原撫子(かわらなでしこ)

河原撫子(かわらなでしこ)

河原撫子(かわらなでしこ)  撮影日:2007年6月19日

■MY NOTE■

学 名 :Dianthus superbus L.subsp.longicialycinus Kitam.
科 名 :ナデシコ科
属 名 :ナデシコ属
分 類 :多年草
開花期 :6月頃から9月
草 丈 :20cmから30cm
特 長 :縁がこまかく切れ込みがあるピンク色の可憐な花。
     我が子を撫でるようにかわいい花であるところからこの名前に。
     乾燥に強い。
スポンサーサイト

ロータス・ヒルタス ブリムストーン

ロータス・ヒルタス ブリムストーン


ロータス・ヒルスタス ブリムストーン  撮影日:2007年6月8日

■MY STORY■
庭友さんのお庭で茂るコレをみてから、指をくわえて1年。
時期を外してしまったので、ナーセリーでは購入できず、ガーデン・雑貨屋さんの「タネ」さんで1ポット購入しました。買うときは、一番目が出ているポットを。。。と選びに選び、家に戻って植替えの時に発見しました。これらはいくつもの挿し木を1株のようにみせてポット植えしてあるのだということを!!
購入から1年経過の昨年、その植え替えた1ポット(株)をほぐし、3本と4本くらいに分けて鉢植えと、地植えにしてみました。
鉢植えは培養土で育てているので伸びの具合が抜群!
というわけで、今年(購入からほぼ2年)、花を咲かせてくれました♪
花が咲くなんて知らなかったので、嬉しい誤算です。
伸びた状態で放置すると見苦しくなりますが、晩秋に株元付近までバッサリカットすると、翌春には瑞々しくやわらかい枝葉をたくさん出してくれます。by地植えで経験。
鉢植えは枝をカットせずに冬越しさせたので容姿が乱れて、前年の枝の下方には葉がつきませんでした。う、見苦しい・・・のでそんな枝は花が終わったらカット!そしたらその脇から新しい枝葉がニョキニョキ♪
まだまだこんもり、には程遠い我家のロータスですが、挿し木もできそうなのでやってみようかな?って思っています。

ロータスの花


■MY NOTE■
Lotus hirsutus ''Brimstone''
タイプ:マメ科ミヤコグサ属
草丈:60cm、常緑~半常緑半低木
葉張り:100cm
開花期:初夏~秋
用途:ハンギング、寄せ植え、グランドカバー
日照:日当たり

【栽培方法】
日当たりのよい場所で、水やりは表土が乾き始めた頃にたっぷりと与えてください。根づくと多少の乾燥でも大丈夫です。逆に多湿にはあまり強くありませんので水のやりすぎにはご注意ください。
特に冬季は乾燥気味に管理してください。施肥は春と秋に緩効性肥料を与えます。
新芽はでなかなか美しい。

【特長】
シルバーグリーン葉の新芽がクリームイエローで、うぶ毛の生えたライムグリーンの葉とのコントラストが美しい植物です。横にも広がってくる(伸びて垂れる)のでハンギングや寄せ植えなど、またガーデンへもカラーリーフとしてオススメです。
明るくやさしい色味なので相性抜群です。
初夏より白~黄色っぽい小花を房状に咲かせます。
耐寒・耐暑性共に優れています。富山でもばっちり地植えで越冬できましたよ!!



フィーバーフュー

フィーバーフュー

フィーバーフュー  撮影日:2007年6月8日

こうしてみると、昨年と同じ時期に開花してるんですね。
植物ってスゴイ!
ただ昨年とちがうのは、植えた場所とはまったく関係のない場所から出現したこと。
だから蕾を見つけるまでのあいら、綺麗な色のヨモギ♪
しかも育ちすぎのヨモギ♪
そして・・・・ヨモギだったら悲しい~~と半分以上処分しちゃったことが悔やまれます。
昨年までは膝丈の高さだったのに、今年のフィーバーフュー・・・なんと私の胸のあたりまで伸びています。
す、すご~い!!


フィーバーフュー

フィーバーフュー  撮影日:2006年6月11日

■MY NOTE■
“なつしろぎく”という名前で園芸用に花壇に植えられることの多いハーブです。見た目はヨモギの葉っぱにカモミールが咲いた感じです。(笑)
蕾がつくまでマジ、ヨモギかと思うほど。でもヨモギにしては葉が黄緑色で美しいのです♪

学名: Tanacetum parthenium
和名:ナツシロギク
科名:キク科
自生地:ヨーロッパ東南部

■効能■
小さな葉っぱ1枚が、片頭痛をおさえる力を持っています。
しかし、この葉っぱ、ものすごーーーく苦いらしく、「片頭痛をがまんするか、フィーバーフューの苦みを我慢するか」と悩むくらい苦いらしい。
思い切ってこの葉っぱを1枚ちぎってそのまま口にいれて噛む・・・。
苦みのために頭痛を忘れるほど苦く、口の中に残る苦みがひいていくのとほとんど同時に頭痛の方もおさまっているそうな。
恐ろしくて試せそうにありません。。。

■利用方法■
●頭痛、冷え、疲労回復には、フィーバーフューを入浴剤として利用します。
●めまい、耳鳴り、片頭痛、月経痛、産後の強壮には、1回フィーバーフュー5gに、熱湯カップ1をそそぎ、10分蒸らして1日3回飲みます。←フィバーフューティー関節の腫れや虫さされには、上記フィーバーフューティーを冷ましてガーゼに含ませ、患部に湿布をします。

プロフィール

しゅう

  • Author:しゅう
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。