スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペンステモン・ジギタリス ”ハスカー・レッド”

ペンステモン・ジギタリス ”ハスカー・レッド”


ペンステモン・ジギタリス ”ハスカー・レッド”


ペンステモン・ジギタリス ”ハスカー・レッド” 撮影日:2007年5月30日

■MY STORY■
まだ庭と呼べない空き地状態の頃、お隣さんからいただいた植物です。
花も終わって、だらしない葉っぱのときに、「来年は花が咲くから、草を生やすくらいなら植えときなさい」といただいたもの。
名前がわからないので性質を調べることもできず、半ば放置状態。
風や雨で倒れると、倒れた場所から花茎が置きあがるタイプで、美しいとはほど遠い姿に「こんな花、要らない・・・」とまで思った程です。
何年もこれを繰り返し、ようやく去年当たりから倒れる前に麻紐で囲む、という初歩的なワザを試したところ、花が土で汚れることもなく、長い期間楽しむことができるように。
そうすると、花の美しさを感じることができ、いままでないがしろにしてきたことをとても反省しています。

名前がわからないので、ネットを遣って調べるということができずモンモンとしていましたが似た容姿の花を見つけ、「オレガノ・ブルガレ」だわ!!と思い続けていましたが、ビズの2005年夏号No.36に、まさしくこの花が!!
要らない・・・とまで思った花がビズで紹介されるほどの花だと知ると、まあ大変(笑)
これからは、大事にしますから!!

■MY NOTE■
半常緑性宿根草
草丈 : 60~80cm
花季 : 富山では5月下旬~9月
特長 : 春の葉は銅赤色に近い色(得に葉の裏側)を帯び、ほとんど白に近いピンクの花が立ちあがります。耐暑性・耐寒性に優れ、株分けも容易です。
容姿が乱れ易いので支柱などを用いるとよいと思います。
スポンサーサイト

バラ~ノイバラ

ノイバラ


ノイバラとハチ


バラ~ノイバラ  撮影日:2007年5月30日

■MY STORY■
3~4年ほど前の秋、犬の散歩をかねて土手に出かけたときのこと。
真っ赤なノイバラの実を見つけ、散歩はそっちのけでその実をリースにすべく収穫してきました。
その時の実が庭にこぼれ・・・・芽を出して育っています。
植えた記憶もなく、生えてくるのはそれしか考えられません。

去年までは花も咲く様子はなく、そのくせケムシがつきやすかったので、ちっとも大事にする気もなく、膝丈をすぎれば切る!の連続。
隣のピエールは大事に大事に、肥料までもらっているのに、ああかわいそうなノイバラ。

それが今年は蕾を持ったので、ちょと大事にしている最中です。
ノイバラというだけあって、原種系なのでかなり強健らしい。
処分したほうがいいらしいけど、この花を見てしまったら・・・できそうにないかも。
ひっそり育ててみたいと思います。

ラベンダー・デンタータ

ラベンダー・デンタータ

ラベンダー・デンタータ  撮影日:2007年5月10日

■MY NOTE■
学名:Lavandula dentata
別名:フリンジ・ラベンダー
花期:四季咲き
種類:低木 常緑低木
特長:幅の狭いのこぎりのような葉
   葉に触れるととてもよい香りがします。
   花からは香りはしないような・・・。

ナナカマド

ナナカマド1

ナナカマド  撮影日:2007年5月4日

■MY Story■
2003年にHCで購入したナナカマド。
ナナカマドの名前の由来は、大変燃えにくく、7度竃(かまど)に入れても燃えない、ということから付けられたという説が広く流布していますが、7度焼くと良質の炭になるという説や、食器にすると丈夫で壊れにくい事から竃が7度駄目になるくらいの期間使用できるからという説などもあります。
「燃えにくい」という説から、火災よけ、落雷よけの木ともされ、そのご利益のため神社でよく植えられたというので、それにあやかり、我家は玄関前に植え付けました。

ナナカマド2


花木としてよりも秋の紅葉に憧れて植えたのですが、日当たりがよすぎるせいか、夏場には葉がチリチリになり紅葉を楽しむまでには至っておりません。
しかも毎年、にっくき「かみきりむし」の餌食になり、テッポウダンというカミキリムシ専用の捕殺剤も幾度となく使用。偶然剪定した枝の中に潜んでいたカミキリムシの幼虫を何度もやっつけていますが、一向にいなくなりません。
手の届くところまではやっつけることもできますが、枝振りは貧弱でも丈はそれなりに大きいため、どうしたものか。
しかし今年は花つきがよく、これはもしかしたら冬に「石灰硫黄合剤」を塗布した効果かも!
ならばカミキリムシの被害もないかもしれない!!
今年はちょっと期待できそう。

遠目には白っぽい花としか思わないこのナナカマドの花ですが、近づいてよくみると、こんなにかわいい小花の集まりなんですね♪
しかも買い構えの蕾の色づいた様子がなんともキュート♪
いままで見落としていたナナカマドの素敵、を発見した気分です。

ナナカマド3


そしてあっと言うまに満開。
満開の後はすぐに花びらが散ってしまい、白っぽい花の固まりは薄ちゃいろになって小汚いのです。
だから満開になったあとは早めに剪定。
花の命は短いのですよね。

プロフィール

しゅう

  • Author:しゅう
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。