スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君子蘭

君子蘭060421


君子蘭060417



君子蘭株元


君子蘭  撮影日2006年4月21日(上・下)、4月17日(中)
スポンサーサイト

姫立金花(ヒメリュウキンカ)

ヒメリュウキンカ


姫立金花 (ヒメリュキンカ)
■My Story■
一昨年、愛犬ポポの散歩途中に良くみかけて気になっていました。庭に咲いている花ではなくて、春になると道路脇の雑草の中からめちゃめちゃかわいい花を覗かせるのです。人が管理している風ではなくて勝手に自生している、といった感じ。でも道路脇の花を根こそぎ持ちかえるのは、いくらなんでも気が引けてできませんでした。
損なある日、水の流れのない側溝のなかで咲くこの花を発見!こんなところに咲いているのならいいだろう・・・とポポ用のシャベルに乗せて持ちかえりました。小さな株だったので、ダメモト。それが一冬を越して、再びかわいい黄色の花をつけてくれたのです。まだ、両手サイズの株ですがこの場所で大きく育ってくれることを願っています。

■My Note■
キンポウゲ科・多年草・本州、九州の沼地や湿地に生える。←確かに側溝の中で生えていたから湿地に近かったといえるかな。
草丈は5~15㎝で黄色の花をつける。
立金花は花茎が直立し、金色の花が咲くことから名付けられた。

■育ててみたい、増やしてみたい■
・年間を通して日当たりの良い場所で管理する←でも途中で地上部が消滅するよ
・土の表面が乾いたら水やりする。←そんなに神経質にならなくて平気!
・花後と秋に置き肥をする。←全くしなくても平気!
・暑さ・寒さに強く病害虫もほとんどなく管理しやすい。

ヒゴスミレ

ヒゴスミレ


ヒゴスミレ葉


ヒゴスミレ 撮影2006年4月9日

チオドノグサ

チオドノグサ


チオドノグサ

晩秋、ムスカリ(バレリーフィニス)の中央に密に植え込みました。
ムスカリの葉がベロベロ(笑)に伸びた中から、ひょっこり咲いた時には、何が咲いたのかと驚きました。実は一緒に植え込んだことをすっかり忘れていたのです。
一般的には3月が開花期のようですが、今年の富山はなかなか暖かくなってくれなかったので、最初の開花は4月の上旬でした。
そして今日4月8日にはこんなに開花してくれました。
ムスカリの葉が目立ってしまって、肝心のチオドノグサの葉がどういうものなのか、私もよくわかりません。
我家で咲いたチオドノグサの花丈は土上約10cm強。ラベルには10~20cmと書かれています。
10球入って役400円、早春咲き小球根です。
花後はクロッカスやムスカリとは異なり、葉が自然に枯れてから掘り起こすように、と書かれています。
放っておいたらどうなるのかな?こんなかわいい花ならムスカリみたいに放置してどんどん増えてほしいナ。
プロフィール

しゅう

  • Author:しゅう
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。