スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばいかうつぎ

20050510213722.jpg


20050510213737.jpg


ばいかうつぎ
スポンサーサイト

姫しょうぶ

姫しょうぶ


姫しょうぶ



姫しょうぶ  撮影日2005年5月8日

小学生の頃、実家で父が育てていた記憶があります。
当時は庭木の水遣りは私の仕事。夕方まで遊びに夢中で水遣りを忘れ、父のきたくまでにしなければ、と慌てて水遣りしたことを今でも思い出します。
帰宅した父に喜んでもらいたくて一所懸命だったなぁ。

実家の改築でほとんどの植物がたえてしまい、この姫しょうぶももうありません。
ところがなんとおとなりさんから分けていただいて・・・感激したのは言うまでもなく、大事に大事に育てていこうと思っています。

アレナリア

20050611075610.jpg

アレナリア

左が'05/4/9の様子、右が'05/5/4の様子。

アジュガ-その1

20050503220049.jpg

アジュガ
■ My Story ■
2003/10/12、1ポット68円×3ポット×2種、HCにて購入。
とにかく地面を覆ってくれる植物が欲しく、ありがたいことにカラーリーフとしてもいい感じ。黒っぽい葉って渋くて好きです。斑入りのアジュガはシェードガーデンに植えると映えるんじゃないでしょうか。ともに順調に生育していたにもかかわらず、植えた翌年に私の大失敗で除草剤がかかってしまい瀕死状態。一時はもうだめだ、と諦めましたが辛うじて生き残ってくれました。斑入りは地表から消えたのですが、根っこの一部が生きていてくれたみたいで、細々と生還してくれました。だから今は、黒葉:斑入り=10:1くらいの繁殖率です。

■ My note ■
学名:ajuga reptans
和名:セイヨウキランソウ
原産地:欧州、中央アジア  科名:シソ科  属名:アジュガ属 
性状:匍匐性常緑多年草

■特長■
日本に自生するジュウニヒトエの仲間です。ロゼット状の葉で地表を覆うので、グランドカバーに適します。品種は多く、葉色は緑、赤紫、赤紫に黄斑入りなどがあり、青紫の小花が穂状に咲きます。
我家のアジュガは黒っぽい葉っぱのものと、斑入りの2種があります。
花の時期にはランナーもぐいぐい伸び、成長の咲かんな時期は黒っぽい葉っぱも緑が強く現れるように感じます。
我家では斑入りのアジュガの場合、ちょっと成長が遅いです。

■育ててみたい!!■
耐寒性強く、雪が積もっても一般的宿根草のように地上部が枯れる事はありません。日陰でもよく育つと言われ、シェードガーデンにもよく使われますが、我家はサンサンと太陽が降り注ぐ場所に植えています。繁殖は匍匐茎が出るので、これを株分けします。花が咲く頃にランナーもぐんぐんのびますので、伸びた先のはっぱを持ち上げるとラナーから根っこがでていますので、この部分をカットして植えつけると元のアジュガも傷めませんし簡単かな。時期は春か秋といわれますが、成長を考えると春がオススメです。

■花■
富山ではその年の気温にもよりますが、だいたい4月下旬頃から5月上旬に紫色の花をつけます。我家の葉っぱの黒いアジュガは花穂は12~13cmくらい。斑入りのアジュガは花穂がとっても短く、葉っぱの中で咲いているといった感じです。

■その他■
小さなポット苗3つでしたが、1年半で約1平方メートルくらい覆いつくしています。
レンガの上もどんどんランナーを伸ばしていき驚きます。我家では飼っている犬が朝晩おしっこをかけることもあり、かかった部分は枯れます(泣)。きっとアルカリにとっても弱いんじゃないかな。
プロフィール

しゅう

  • Author:しゅう
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。