スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティアレラ(ブラックベルベット)

ティアレラ(ブラックベルベット)


ティアレラ(ブラックベルベッド)

■My Story■
2005年の秋、富山で一番大きな園芸店の北山ナーセリーで購入しました。
葉っぱの色が気に入って、この品種を選びました。
購入したまま春までポットの状態で放置。東の庭に花壇を作ったのを機にその中へ上、めでたく花がさきました♪
花穂は15cmと短く、アレ?と思いましたが、ずっとポットに入っていたのだからしょうがないのかも。
今後の成長を確かめつつ、消滅させないようにしたいです。
スポンサーサイト

デフェンパキア

20050211210839.jpg
■ My Story ■
2000/7月、廃棄されるハズのものを夫が拾って?きました。樹高10cm。夫の会社で撮影用に使ったミニ観葉だったらしいのですが、撮影後、誰も管理せず瀕死状態で処分されそうだったものを貰い受けてきたものです。本当に小さかったのですが、少し大きめの鉢に植え替えたらすくすく成長してくれました。成長しすぎの感もありまして、2005年現在、80cmにも延び、1本だった茎も5本に増えました。こんなに背を高くしてはいけないのかもしれませんが、伸ばし放題。ラン用の支柱を使用しています。

■ My note ■
学名:Dieffenbachia spp.
原産地 :熱帯アメリカ  科名:サトイモ科  
属名:ディフェンバキア属  
性状 :常緑性多年草

■育ててみたい!!■
幅広い葉に白い斑がかすり模様に入る美しい人気の観葉植物です。
耐寒性がなく10℃以上で・・・といわれていますが、我家で冬場に10℃以上を保つのは不可能です。家の中なのでマイナスにこそなりませんが普段は2℃程度がいいところ。それでも元気にがんばってくれています。
水はやりすぎてもへっちゃら!観葉植物は水のやり過ぎでダメになることが多い、とききますがこれもズボラな私にぴったりで、鉢皿に水がたまったままでも全く腐ることあありません。

■ふやしてみたい■
育てていたい、に書いたように水が大スキ?みたいです。だからいぼいぼ(根っこがでてくるところ)の付いた茎を葉を付けてカットし、花瓶にさしておきます。すると真っ白の根っこがいっぱい発根してきます。ここまできたら鉢植えにしてあげましょう。

■気をつけよう■
成長旺盛時など、水をたっぷりあげたあと、葉っぱから雫がこぼれることがあります。この雫、きれいね!ではすまされません。雫を誤って舐めたりすると身体がしびれたりしますので、ペットや小さいお子さんのおられるご家庭では注意が必要です。
また、茎を切ると出る白い汁液はもっと有毒で、口に入ると激しく痛みます。挿し木の作業などのときは注意が必要です。

プロフィール

しゅう

  • Author:しゅう
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。