スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チューベローズ

チューベローズ


チューベローズ  撮影日:2006年8月27日

春先に植えた夏先の球根です。
昼間にはあまり香りを感じませんでしたが、夕方おそく、え?というくらい感じます。
とてもかわいい花なので増やしたいとおもいますが、耐寒性がないとか。
花が終ったら掘りあげて冬の間はパーライトを敷き詰めた発泡スチロールの中で越冬予定デス。
スポンサーサイト

チョウジソウ(丁子草)

チョウジソウ


チョウジソウ(丁子草)  撮影2006年5月12日

■My Story■
2003年の秋、ゆりかごさんからいただいた苗でした。
ちゃんとお世話をしないで、鉢のまま水を切らしかけたこともありました。肥料を与えるわけでもなく、鉢のまま放置した昨年はチョロン、と茎が20cmほどあっただけ。
今年2006年の春先、ノラ猫に鉢を倒されて鉢が割れたのをきっかけに地植えに転向したわけです。割れた鉢の株を見ると根がぎっしり回っていました。猫のお陰です。でもノラよ、庭でうんちをしていくのはやめて欲しいぞぉ!

■My Note■
・夾竹桃(きょうちくとう)科
・学名 Amsonia elliptica
Amsonia(アンソニア)は、18世紀にアメリカのバージニアで医者をしていた、植物学者「Amsonさん」の名前にちなむそうです。
・名前の由来・・・この花の形が横から見ると「丁字」に見えるからというのが大方の見方で、もうひとつは、香料で有名な「丁子」(別の植物)に似ているからというものあります。私はどちらかと言えば後者の見解に肩をもってマス。
・茎丈は40~60cmといわれていますが、肥料なしの過酷な環境下で開花初年のわがやの場合は20~30cmといったところです。これからの成長が見物です。
・夾竹桃科なだけあって毒があるそうですが、触っても心配はなく、香りもナシ。

チオドノグサ

チオドノグサ


チオドノグサ

晩秋、ムスカリ(バレリーフィニス)の中央に密に植え込みました。
ムスカリの葉がベロベロ(笑)に伸びた中から、ひょっこり咲いた時には、何が咲いたのかと驚きました。実は一緒に植え込んだことをすっかり忘れていたのです。
一般的には3月が開花期のようですが、今年の富山はなかなか暖かくなってくれなかったので、最初の開花は4月の上旬でした。
そして今日4月8日にはこんなに開花してくれました。
ムスカリの葉が目立ってしまって、肝心のチオドノグサの葉がどういうものなのか、私もよくわかりません。
我家で咲いたチオドノグサの花丈は土上約10cm強。ラベルには10~20cmと書かれています。
10球入って役400円、早春咲き小球根です。
花後はクロッカスやムスカリとは異なり、葉が自然に枯れてから掘り起こすように、と書かれています。
放っておいたらどうなるのかな?こんなかわいい花ならムスカリみたいに放置してどんどん増えてほしいナ。

チェリーセージ(クリーム)

チェリーセージ(クリーム)


チェリーセージ(クリーム)  撮影日2005年6月7日

チェリーセージ(クリーム)

20050821213323.jpg

チェリーセージ(クリーム)
プロフィール

しゅう

  • Author:しゅう
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。